ささづ苑では、将来あるべき姿として「福祉職が選び、地域から選ばれる法人」「地域福祉を支え、進化する企業」を目標に様々な活動に取り組んでいます。

その中で、多くの方々にささづ苑を見学していただき「この施設で働きたい」「幸せがあふれるその場所で、共に自分を高めていきたい」との言葉をいただくようになりました。ささづ苑のケアが認められている、それこそが「ユニットケア」でした。

そこで、法人は「ユニットケアを法人のスタンダードに」と掲げ、法人全体でユニットケアを学び、推進し、実践に向けて取り組んでいます。

ユニットケアについて
→ 一般社団法人 日本ユニットケア推進センター (unit-care.or.jp)

ユニットケアへの取り組み

職員の育成(研修の開催)

ユニットケアを実践するにあたり、ユニットケア推進チームが中心となり研修会を開催しています。
ユニットケアを推進する上で建物の構造は大きく影響します。しかし、従来型施設でもハード面を変えずに、個別ケアを目指していくことはできます。
理念は同じであり、入居者の視点で考えられるように職員の意識を変えるところから取り組んでいます。

ささづ苑での取り組み内容

  1. ① 生活を感じられるようにしつらえの変更
  2. ② 食べる楽しみの充実
  3. ③ 様々な場面におけるプライバシーの配慮
  4. ④ 法人内における他部署間見学会

セミパブリックスペース

食事の配膳風景

排泄介助風景

季節を感じるしつらえ

今後の取り組みについて

※ ただいま準備中

  • 従来課 取り組み
  • ユニット課 取り組み
  • かすがユニット課 取り組み
  • ディサービス 取り組み

今後の取り組みについて随時更新をしていく予定としています。お楽しみに

入居者の一日